食事制限とリバウンドをしないコツ

食事制限とリバウンドをしないコツ

食事制限をしてもリバウンドをしないダイエットのポイントは何でしょう。食事制限を中心にダイエットを行うと体は徐々に順応しはじめます。

 

少ない摂取カロリーでも効率よく生きていけるように基礎代謝を下げていきます。

 

人体は、食事制限を行うと最初はダイエット効果が表れますが、じきに体重が減りづらくなる停滞期に突入します。

 

停滞期は、これまで通りに食事制限をしていても体重が減らず、むしろ体重が増えやすくなっている時期です。

 

この期間は、リバウンドをしやすい時となります。食事制限で好物を食べられない状態が続くと、イライラも募るものです。

 

特にダイエット時に停滞期に入ると、つらいばかりで結果が出ず、挫折してしまいやすい時期でもあります。

 

停滞期中にダイエットを中止することが、リバウンドの原因になりがちです。食事制限に適応した体は、カロリーを消費せず貯め込みやすい体質になっています。

 

その状態でダイエット前の食事を摂ると、大量のカロリーが使いきれずに残ります。

 

リバウンドが発生するのは、今までは全て消費できていた量ができなくなるため、余った分が脂肪になってしまうためです。

 

リバウンドをすると、一時的に減った体重が元通りに増えてしまいます。リバウンドを未然に防ぐためには、食事制限中でも基礎代謝量を落とさないことです。

 

体重を減らしたい時は、食事制限のみのダイエットをするのではなく、運動と共に行ってリバウンド対策をすることが重要になります。

食事制限とリバウンドをしないコツ関連ページ

食事制限とリバウンド
リバウンドしやすい食事制限

 
おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ