リバウンドしやすい食事制限

リバウンドしやすい食事制限

リバウンドは、食事制限によって体重を減らそうとしたことがある人の多くが、身を以て知っているようです。

 

どんな手順で食事制限をしたかや、どんな手順で元の食事に戻したかも関わりがあります。ダイエットは、健康な体をつくるために体重を適度な状態まで減らす一連の行いのことをいいます。

 

体脂肪が増加するのは、食事の摂り過ぎや運動不足、不規則な生活などによります。効率的なダイエットには、体重が増えるメカニズムを理解することが大事になります。

 

食事などで体内に取り入れるエネルギー量が、日々の活動や運動で使うエネルギーより多いと、余剰エネルギーは脂肪となって体内に蓄積され、体重増加の原因になります。

 

食事制限をするのは、カロリー摂取の量を減らすことで、消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態にし、体脂肪の消費を促すためです。

 

摂取するエネルギー量を減らしてダイエットを行うというアプローチは間違ってはいません。

 

ただし、人間はカロリー補給が少ない状態が続くと、生命維持のために少ないカロリーで生きていける体に自らをつくりかえます。

 

そのため、食事制限を続けているとやがて体が馴染んできて、ダイエットの停滞期になります。リバウンドを起こす引き金になります。

 

リバウンドの多くは停滞期中にダイエットを中断することによって起こります。食事制限によってダイエットをすると、一時的には体重が減ってもリバウンドしやすい体になるのです。

リバウンドしやすい食事制限関連ページ

食事制限とリバウンド
食事制限とリバウンドをしないコツ

 
おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ