断食ダイエットとは

断食ダイエットとは

断食ダイエットは、カロリー摂取を実質0にすることでダイエット効果を期待するというものです。

 

カロリーを控えることでダイエットを行うという行為は、ダイエットの基本ともいえます。

 

わざと食事を取らずにある程度の期間を過ごすことが断食で、通常はあまり長く行いません。

 

医療療法などでも水分以外、一切の食べ物を禁じることがありますが、この場合、断食ではなく絶食と呼ばれています。

 

断食という行動自体は昔からありますし、宗教関係者が修行を目的として断食を行ったという記録があることは広く知られているようです。

 

行事の一部に含まれているほど断食が広く行われているはイスラム教ですが、その他にもキリスト教、ユダヤ教でも修行の一環として断食行為は知られています。

 

もちろん、宗教における断食はダイエットと目的としているものではありません。長期の断食はとても苦しい行為で意思力も必要となります。

 

宗教行為としての断食は、人間の持つ根源的な欲求を我慢するという修行の1つといえます。

 

ダイエットで断食が人の口に上るのは精神修養とは関係なく、口コミサイトによれば断食によって体内のカロリーが欠乏すると貯め込まれた脂肪が消費されるという点からです。

 

断食によって栄養を絶たれた体は、体の中のあらゆる部分から栄養を探します。

 

体内のカロリーが足りない時には、脂肪が燃焼されそれに取って代わります。断食ダイエットにより脂肪が消費されるので、ダイエットの効果が期待できるのです。

断食ダイエットとは関連ページ

断食ダイエットの方法
断食ダイエットの注意点

 
おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ